施工対象 : 

空調設備PUHVーP560dme

メーカー : 

三菱重工

施工分類 : 

空調設備定期点検

施工納期 : 

1日

業界   : 

自動車部品製造業

修理内容 : 

空調設備フロン定期点検



Before:   

「フロン排出抑制法」施工にともない7.5KW以上の空調機4台の定期点検を早急にやってもらえないかとの問い合わせがあった。

「フロン排出抑制法」では、フロンの漏えいを抑える為に、また漏えいしてしまったフロン量を可能な限り正確に把握・報告する事が事業者に求められています。

家庭用・車両を除くほとんどの空調機・冷蔵冷凍装置等(第一種特定製品)が対象となっており、ほぼ全ての事業者が適用対象です。監督省庁の指導下、自治体による査察→法令遵守の指導が強化され、摘発事案も増えています。



After:   法令に従い点検を実施

早急にフロン点検の資格業者に点検するメーカー、機種、台数を知らせ見積もりと日程を確認し、お客様と日程を調整し点検要項に従い点検を実施し、特に問題はありませんでした。その後点検結果を点検調査票に記入し提出しました。

定期点検の注意点としては、複数の圧縮機がある機器の場合は、冷媒系統が同じ(複数の圧縮機が同じ冷媒配管により接続されている場合)であれば合算して判断する。
例えば、ひとつの冷媒系統に2台の圧縮機が使われている場合は2台合計の定格出力で判断する。というものが挙げられます。


ユーティリティ設備

  • 集塵設備
    改修工事
  • コンプレッサー周辺 への仕切り壁設置工…
  • 搭乗式移動クレーン 年次点検
  • パッケージコンプレッサー 据付・エアー…
  • 「フロン排出抑制法」 施工に伴う空調設…