SERVICE

SERVICE一覧

高圧配電盤

ここでは、高圧配電盤に関する施工サービスの説明をしております。


概要・特徴


高圧配電盤とは、電力会社等から供給された電力を工場等の設備に適合した電圧・周波数に変換することで、供給された電力を扱えるようにする役割を持ちます。電力の需要はますます高まり、工場設備においてもその利用は不可欠のものとなっています。 そのため、高圧配電盤が常に安全に稼働薄るようにメンテナンスをする必要があります。

注意すべきトラブルとその前兆


① 外箱の腐食

② 表面抵抗率の低下

③ 絶縁抵抗の低下

高圧配電盤における注意すべきトラブルやその前兆は、配電盤に供給されている電力や配電盤から流れる電力によってわかることがあります。 特に、外部を覆う箱が腐食していたり、表面抵抗の低下は経年劣化によってもたらされることもありますが、風雨や塵埃によっても引き起こされることがあります。 地絡になったりするなど、設備への電力供給に強い影響を与える事態になり得ます。


トラブルが与える影響


① 地絡

② 短絡

③ 配線のショート

地絡とは大地に電流が流れることで、短絡とは局所的に電気抵抗の小さい部分が生まれることです。絶縁抵抗が低下したり、絶縁皮膜が破れたときに引き起こされます。 このような地絡や短絡が生じ、配線が焼き切れたりショートへと繋がります。 このような事故が起こると設備に十分に電力が行き渡らなくなり、生産ラインがストップしてしまったり、最悪の場合にはショートした配線から火災に発展する可能性があります。


よくあるトラブルの対処法


① 定期的なメンテナンス

② 内部に塵埃が滞留しないようにする

③ 電気抵抗の計測

高圧配電盤の外部を覆っているボックスは、配電盤を腐食から防ぐのに重要な役割を果たしますがこのボックスの内部に塵埃や水が滞留すると、破損の原因となります。 定期的なメンテナンスや点検が必要になります。また、経年劣化によっても電気抵抗が低下するため、たとえ腐食していなくとも電気抵抗の周期的な計測を行っていく必要があります。

CATEGORIES

電気・制御設備