ここでは、配管の保温工事に関する施工サービスの説明をしております。


概要・特徴

配管とは気体や液体を運ぶ管であり、主に建物内での空調や換気、排煙の目的で設置されています。配管の保温工事は、その配管を保温材などで配管を冷気から防ぐ処置をすることです。適切な保温工事をすることで、配管が結露したり凍結したりすることを抑制し、温度を一定に保つことに繋がります。

注意すべきトラブルとその前兆

天井付近の配管におけるシミの発生

空調機器の劣化

結露や凍結の発生

配管におけるトラブルや前兆は、主に目で判断することができます。水滴の漏れにより、天井付近の配管にシミが発生していたり、配管に結露や凍結ができていたりすると、注意すべきです。また、空調機器が劣化し頻繁にメンテナンスが必要となっている場合にも、配管が悪影響を及ぼしている可能性があります。


トラブルが与える影響

工場外観の悪化、作業者への健康被害

空調機器のメンテナンス費増大

配管の破裂

上記のような前兆が見られるまま放置していると、工場外観の悪化や作業者への健康被害、配管破裂などの直接的なトラブルが発生してしまいます。また、配管が機能を果たせていないために空調機器が劣化しまっている場合もあります。その結果、メンテナンスの頻度が高くなってしまい、コストアップに繋がっているといった場合もございます。


よくあるトラブルの対処法

保温材の設置

ジャバラの製作・交換

これらのトラブルの発生要因は、グラスウールやロックウールなどの保温材で配管を覆うことで解決できます。また、配管の途中に使用して温度変化に伴う伸長、収縮を吸収しすることで配管の歪を防ぐ、ジャバラが老朽化している場合は交換する必要があります。

当社では、ジャケットやウール材など各種保温材に対応しています。配管の保温工事のことでお困りのことがあればお気軽にご相談ください。