ここでは、配管設備に関する施工サービスの説明をしております。


概要・特徴

配管設備とは、ガス管を結ぶ専用管や空調用ダクトです。配管には給水管、排水管、ガス管、排水管、空調の換気管など種類が多く、配管工事は専門職である配管工が行うことができます。具体的には、管の切断・折り曲げる加工を行い、弁の取りつけ、ネジや溶接による組立を行います。清掃口や点検口が設けられているなど、長期的な維持管理が配慮されていることが重要になります。

注意すべきトラブルとその前兆

① 配管からの水漏れや蒸気漏れ

② 保温フィルタの落下や剥がれ

配管設備における注意すべきトラブルやその前兆は、主に上記の二点になります。配管は常に圧力がかかっているため、多少ヒビが入っただけでも水などが噴き出てくることでトラブルを疑うことができます。しかし、目視で確認できない配管部分もあるため、目に見える異変が起こるまで時間を要するケースも少なくありません。


トラブルが与える影響

① 生産設備や付帯設備の能力ダウン

② ヒーター設備のオーバーヒートや消費電力アップ

上記のような前兆が見られるまま使用すると、配管設備にに様々な影響を及ぼします。まず、配管からの水漏れや蒸気漏れを放置すると、壁や天井の水染みや水道料金が膨れ上がることに加え、移送水量や蒸気不足により、生産設備や付帯設備の能力低下につながります。さらに配管設備トラブルを放置していると、ヒーター設備のオーバーヒートや消費電力のアップを招くことになります。


よくあるトラブルの対処法

① 定期的な配管設備のメンテナンス

これらのトラブルの発生原因は、定期的なメンテナンスによって解決されます。配管は漏水やつまりなどの劣化症状が出始めると、劣化の進行がさらに早くなります。その場しのぎの修繕で一時的に改善が見られても、すぐに再発し更に劣化してしまいます。配管の状態が更に悪化し配管工事を行うと、大規模な修繕が必要になり、工期や工事費も大幅にかかってしまいます。そのため、定期的にメンテナンスを行い早期発見し修繕する事で、工期短縮や工事費削減に繋がります。

ユーティリティ設備

  • ボイラ燃焼室の
    清掃メンテナンス
  • ホイストクレーン
    オーバーホール
  • ボイラ
    オーバーホール
  • コンテナ冷蔵庫
    室外機清掃
  • 業務用パッケージ
    エアコン薬液洗浄
  • パッケージエアコン
    更新工事
  • 大型天井ファン
    取付工事
  • エアコン更新工事
    GHPからEHPへ