ここでは、ボイラに関する施工サービスの説明をしております。


概要・特徴

ボイラとは、水に熱媒を加えて、温水または蒸気をつくる機械です。ボイラには温水ボイラと蒸気ボイラの2種類あり、ボイラで作られた蒸気は、炊く・煮る・蒸す・減菌など、産業設備の熱源として多く利用されます。ボイラの点検・メンテナンスには、第一種・小型・第二種・簡易のように圧力容器によって規制があるため、資格が必要です。

注意すべきトラブルとその前兆

① ファンモーターの損傷による異音

② 給水ポンプの能力低下

③ 水管の汚れ・スケールによる熱伝導の悪化

④ 煤煙異常

ボイラにおける注意すべきトラブルやその前兆は、機能低下や異音・煤煙などです。給水ポンプの能力低下や水管の汚れ・スケールによる熱伝導の悪化や、給水ポンプや熱伝導などの機能低下を放置すると、ファンモーターの損傷による異音や、大気汚染の原因となる煤煙を排出するような前兆が見られるようになります。


トラブルが与える影響

① ファンモータの停止

② 給水ポンプの停止

③ ボイラの故障

④ 着火異常を起こす 

上記のような前兆が見られるまま使用を継続すると、ボイラに様々な影響を及ぼします。まず、給水ポンプの能力が低下した状態のまま使い続けると給水異常が見られたり、水管にスケールが付着したことで、熱伝導が悪化してボイラが故障します。さらに、ファンモーターがベアリングなどの損傷により異音が続くとファンモーターの異常停止が見られます。その他にも、菅体・炉内に煙が溜まり、着火異常を起こすことがあります。


よくあるトラブルの対処法

① ファンモータ(ベアリング)の交換

② 給水ポンプの交換

③ ストレーナの清掃・交換 軟水器の能力点検・交換

④ 燃焼測定・炉内清掃及び調整

これらのトラブルの発生原因は、主に定期的な清掃や部品交換によって解決できます。まずボイラから異音が生じた際は、ボイラ内部のファンモータ(ベアリング)の交換を行うことで解決します。また給水異常や水管破の破損が起きた際には、給水ポンプの交換、ストレーナの清掃及び交換・軟水器の能力点検及び交換をします。煤煙異常に対しては、燃焼測定、炉内清掃及び燃焼調整を行い解決します。