ここでは、工作機械に関する施工サービスの説明をしております。


概要・特徴

工作機械はファクトリーオートメーションに欠かすことの出来ない機械の代表格になります。ミクロン単位の高精度の金属加工、24時間運転による自動化の促進などを可能としています。機械は高度な数値制御が採用されているため、メカだけでなく、電気部分の定期的なメンテナンスが必要な高精度機器になります。

注意すべきトラブルとその前兆

① 老朽化による剛性の低下

② トラブルの多発

③ 加工精度の大幅な低下

工作機械においても最も重要なポイントは「信頼性」です。しかし、長時間運転している場合や、メンテナンスがあまり行き届いていない場合においては、急な運転停止などのトラブルが頻発したり、加工精度が悪くなってしまうなど、信頼性に欠く現象が多発するようになってしまいます。また、工作機械自体の老朽化によって、そもそも機械・筐体の剛性が低下してしまう場合もあります。さらには、近年の工作機械は高度な制御を行うための基盤が用いられているため、突然基盤が故障してしまう場合もありますので、注意が必要です。


トラブルが与える影響

① 工作機械による品質不良品の生産

② 稼働率の低下

③ 加工精度の大幅な劣化

上記のような前兆が見られるまま使用すると、製造品や稼働率において大きな影響を及ぼします。例えば、加工精度が低下したまま使用を続けた場合には、図面の指示通りの製造が行えないため、品質不良品を生産することになってしまいます。また、メンテナンスを怠ってしまっている場合、急な運転停止によって生産を停止せざるを得なくなり、結果として稼働率の低下を引き起こすことになります。以上のように、工作機械のトラブルが製造工程において与える影響は甚大ですので、「信頼性」が必要となってくるのです。


よくあるトラブルの対処法

① オーバーホール

② レトロフィット

③ 老朽機の部品製作

工作機械のトラブルに対する対処法はトラブルの症状によって、いくつか方法がございます。たとえば、加工精度が低下している場合には、点検・部品交換・キャリブレーション・修理を行い、機械精度の復元と操作性の復元を行う、オーバーホールや、汎用機に対するNCが装置取付または旧型NC装置のリニューアルを行う、「レトロフィット」が有効です。また、老朽化が進んだ機器の場合は、老朽機の部品製作を行い、部品交換を行うことで、元の性能に近づけることが可能です。